着物 長期 保管

着物の長期保管の基本は〇〇だ!それ以外はできることなし?

古い 着物 クリーニング

 

一念発起して着た後は

 

 

「次に着るのはいつかな・・・」

 

なんて思いながら、また綺麗な状態で着られるように細心の注意を払ってしまう。

 

 

着物ってそういうものですよね。

 

 

着物は着る機会より、タンスの中で眠っている時間が長いもの。

 

 

 

長期間、どうやって保管していたか?で着物の状態は驚くほど変わってしまうもの。

 

といっても家でできることって限られているみたい。

 

家庭でできる着物の正しい保管方法を見ていきましょう。

 

 

 


着物を長期保管するなら虫干し必須!その方法とは?

着物 長期保管

 

長期保管するにあたって特に注意したいのは正絹着物ですね。

 

 

 

  • 黄ばみ・カビなどの汚れ
  • 変色・色褪せ
  • ニオイ残り
  • 虫食い

 

 

保管中に気をつけたいのはこんな点ですよね。

 

それでは着物を長期保管する時に必ずしておきたい虫干しのやり方を見ていきましょう。

 

 

これで大丈夫!着物の長期保管を可能にする虫干しの方法

 

着物 長期保管

 

それでは早速虫干しの方法をチェック!

 

 

虫干しの時期は?

 

着物の長期保管を可能にする虫干しには、適した時期というものがあります。

 

 

  • 7月末から8月頃
  • 10月頃
  • 2月頃

 

 

梅雨があけ、晴れが続きやすい時期とカラッと秋晴れが期待できる冬前。

 

そして、寒さが深まる時期の3回。

 

天気がよく湿気のない時期ということですね。

 

 

虫干しの時間帯は?

 

虫干しには適した時間帯というものもあります。

 

その時間は

 

 

10時ごろから15時ぐらいまで

 

 

 

湿気の多くなる朝と夕方は避けます。

 

 

 

 

とにかく湿気が良くないんですね。

 

 

虫干しをする時は必ず数日晴れが続いている時にします。
特に昨日の夜まで雨が降っていたような日は湿気が一杯。

 

 

カラッと晴れているとおもっても注意が必要です。

 

 

干す場所は直射日光があたらない場所を選びます。

 

 

直射日光は色やけをおこす原因になるので避けましょう。

 

 

 

軽くハンカチなどで軽いてチリや埃を取り除き、汚れなどをチェックします。

 

 

後は2〜3時間そのまま虫干しを続ければOK!

 

 

どうですか?

 

虫干しって天気さえ続けばそんなに手間のかかることじゃないですよね。


虫干ししてもダメ?着物の長期保管の現実とは?

着物 長期保管

 

着物を着る日は特別な日。

 

 

虫干しは着物を長く着るための家庭でできる最善のお手入れです。

 

 

それでも残念ながら着物の劣化ってさけられません。

 

 

 

着物の汚れは後からやってくる?長期保管中の気になる変化とは?

 

着物 長期保管

 

 

湿気は着物の敵であることがわかりました。

 

 

着物を虫干しする時は極力湿気を避けるように気を付けることができても、着物を着る日の天気って選べませんよね?

 

 

カンカン照りの日もあれば

 

 

着物 長期保管

 

 

雨の日だって。。。。

 

 

直射日光も心配だけど、雨水の跳ね上がりも気になります(泣)

 

 

そしてもう1つ厄介なのが着物に汚れをつけてしまうこと。

 

 

着物 長期保管

 

 

 

  • ファンデーションなどの化粧品
  • 食べ物など外部からの汚れ

 

 

などなど、気をつけていてもいつの間にか汚れってつけてるものなんです。

 

 

時間の経過とともに空気に触れ続ける事で黄色く変色していく

 

 

  • 皮脂汚れ
  • 汗汚れ

 

 

などは虫干しの度によくチェックして、見つけたら即クリーニングに出すくらいでないとどんどん濃く赤みを帯びた茶色いシミにまで変化してしまうんです。

 

 

 

そしてそもそも人の手って思いの外汚れ成分がたくさんついているもの。

 

汚しているつもりがなくても着物に触れていること自体が汚れの原因となっている場合もあるんです。

 

 

着物って、久しぶりに広げてみたらいきなり心当たりのない汚れができてた(泣)というものなのかもしれません。

 

 

もし、

 

 

「この着物、かなり長くタンスの中にいることになるんだろうな・・・」

 

 

 

そう思うなら、ご自分の手で保管しお手入れを続けてくるかわからないその日を待つよりも価値をわかってくれる専門店に買取してもらうのも1つの手かもしれません。

 

 

着物買取査定専門店には

 

  • 価値のある着物の買取査定が得意
  • 他店では断られたような古い着物買取査定が得意
  • 大量の着物から小物まで大量買取査定が得意

 

 

などなど得手不得手があります。

 

また、

 

 

  • 宅配査定
  • 店頭持込査定
  • 訪問査定

 

と3つの方法からあなたの都合のいい着物の査定方法を選ぶこともできます。

 

 

着るかどうかわからない着物のことがずっと頭の隅にあるような、そんなひっかかりは着物を手放すという選択肢ですっきり解消できるかもしれません。

 

 

着物好きな誰かに大切に着てもらえる

 

これほど有効な活用法はないかもしれませんね。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

着物を査定してもらうならピッタリのお店を選びたい!あなたの着物にあった査定店をランキング形式で!!ピッタリがきっと見つかる!着物買取査定店ランキングも参考にしてください。