古い 着物 寄付

着物の寄付ってどこにするといい?やり方は?

古い着物 寄付

 

「私はもう着ることはなさそうだけど、着てくれるだれかに寄付する方法はないかな・・・」

 

 

 

着物って洋服と違って貴重なものだし、捨てるのなんてもったいない。

 

着てくれる人がいるなら寄付でもしようかな??

 

 

自分が着ないだけで、誰かが着てくれればそれに越したことはないなんて思いますよね。

 

 

着物ってどうすれば寄付できるんでしょう?
寄付すればまた誰かに着てもらえるんでしょうか?

 

 

着物の寄付についてみていきましょう。

 

 


古い着物の寄付はこうする!やり方は?

着物 簡単 リメイク

 

古い着物を寄付する場合、寄付を受け付けている団体などに着物を送ることになるようです。

 

 

セカンドライフ(https://www.ehaiki.jp)やファイバーリサイクルネットワーク(https://www.fiber.jp)といったところが着物を寄付できる有名な団体といえそうです。

 

 

セカンドライフの場合

 

  • ほぼ100%リユース
  • 着物の箱数に応じてポリオ・ワクチンが募金できる

 

などなど、着物がまた誰かに着てもらえてさらに募金までできるってところがうれしいですよね。

 

 

ただ、着物を寄付するためにお金が必要です。

 

 

ちょっと思っていた寄付とは違いますね。

 

その他の団体でも、受け付けているのは着物だけではないようで

 

寄付=着物をもう一度着てもらえる

 

 

とは単純にいかないみたい。

 

 

 

古着とちがって着物はできれば着物としてもう一度着てもらいたい!

 

自分では着られないけれど、ついつい欲張ってそう考えちゃいませんか?


寄付を考えるまえにやっておきたい!古い着物の利用法!

古い 着物 寄付

 

「自分ではもう着ないけどもう一度誰かに袖を通してもらえたら・・・」

 

 

そう考えているなら寄付よりも着物専門の買取店を利用するのがいいですよ。

 

 

着物専門の買取店は

 

  • 独自の市場をもっている
  • 着物の価値を分かってくれる

 

古着としてではなく、アンティーク着物として扱ってもらえたら・・・嬉しいですよね。

 

 

しかも着物の価値をしっかりと査定してもらえるので、バカにならない金額になる場合も(嬉)

 

 

寄付と同時に募金できるわけではありませんが、着物の買取査定も立派な着物の再利用法の1つ。

 

 

着たいだれかにまた着物を着てもらえる

 

それが着物の査定買取です。

 

 

査定の方法やおすすめ査定店の詳細は最適な買取方法からわかる!おすすめ買取店ランキング!を是非参考にしてくださいね。