着物買取 価格 安い 二束三文

 

 

「着物を売ったら驚くような値段で買いたたかれた」
「大切な着物の価値を安く見られた」

 

 

着物買取査定では思った値がつかなかったという残念な場合がありえます。

 

ありえますというより多いケースといえますね。

 

 

でもがっかりする必要はないかもしれません。

 

 

着物は今“ウリ”です。

 

 

観光客むけのレンタル、若者の着物ブームなど今着物はかつてないほど需要が高まっています。

 

 

着物の買取価格は期待していると安い!と感じ、期待していなければあら案外♪と感じるもの。

 

つまり査定してみないとなんともわからない

 

というのが本当のところ。

 

ただ必然的に買取価格が安くなる着物というものはあります。

 

カビ・シミなど汚れがある
丈の短い着物
生地が正絹以外の着物

 

 

例え、価値が高い着物であったとしても生地自体にカビやシミがあると、極端に需要が下がってしまい、査定金額が二束三文にしかならないといった事例も多々あります。汚れやシワといったダメージが蓄積することで劣化が起こり、買取価格が安くなってしまう原因となります。着物の湿気対策を行い、状態は極力維持しましょう。

 

 

先ほどもご説明した通り、丈の短い着物は着ることのできる人が限られてくるため、買取価格も安くなります。丈は長ければ詰めることもできるので、長いに越したことはなく、160センチ以上あれば査定額は高くなる傾向があります。

 

正絹(=シルク100%)の着物は中古でも人気で需要が見込めます。しかしポリエステルやウール、麻素材の着物だと、仕立てるときも正絹と比べてはるかに低く、買取価格も極端に下がってしまう場合があります。とはいえ中には有名ブランドや老舗織元が、正絹以外の着物を製造をしていることもあり、例外で高値が付くこともあります。

 

逆に買取価格が高いのが望める着物は

 

↓修正必要

 

[二束三文にならない着物は]

 

高価買取が期待できる着物にはどういった種類があるのでしょうか?

 

二束三文にならない、買い取り価格が期待できる着物についてご紹介していきます。

 

礼装・準礼装用に該当する着物
着物の中で高値に繋がりやすい着物といえば礼装・準礼装用に該当する着物で「黒留袖」「訪問着」「付け下げ」「振袖」です。着物には格というものがあり、格の高い着物ほど高値の傾向が強いのです。

 

産地独自の発展を遂げた伝統工芸品
伝統工芸品とは、昔ながらの技法を用いて長い時間をかけて織られます。着物の格という点において紬は高くはなく、どちらかといえば普段着の部類に入るものの、高値になりやすい着物の代表格といえるでしょう。

 

紬で有名なものを挙げると「大島紬」「結城紬」「塩沢紬」「黄八丈紬」「牛首紬」などがあります。

 

紬の他にも「宮古上布」や「琉球織物」など高い価値の伝統工芸品に該当し、一例として紹介しましたが実は日本全国で価値の高い伝統工芸品はたくさんあります。

 

着物作家の着物や帯
着物の世界には着物の染めの作家や織りの作家がいて、それぞれ独自の技法を生み出しました。

 

この技法を用いた作品は日本だけでなく世界的に有名な作家が数多く、特に有名な作家に本加賀友禅の「由水十久」、蒔糊技法の「森口華弘」、オシドリの柄が世界的に有名な「羽田登喜男」、京友禅の「松井青々」など、着物作家の作品は高い価値があります。

 

また、もし作家物の着物をお持ちで、買取をご検討中であれば、「証紙」も一緒に査定してもらうことをおすすめします。証紙とは、人間国宝作品や有名作家物、伝統工芸品などの高級着物に付けられる登録商標です。

 

それぞれの着物が、厳しい基準をクリアした品質の認められた着物だけに発行される証明書にもなります。

 

着物によっては再販するときの価値にも大いに影響がありますので、査定を受けるときには一緒に見てもらうと、査定金額がアップする可能性があります。